モスコット/MOSCOT

モスコット/MOSCOT

モスコット/MOSCOT


モスコット(MOSCOT)は歴史と権威のある眼鏡屋として、アメリカのニューヨークで1915年に設立。モスコット(MOSCOT)の眼鏡屋としてのルーツはソル・モスコットの父親であるハイマン・モスコットに遡ります。東ヨーロッパから移民局のあったエリス島を経由してハイマンがニューヨークに辿り着いたのが1899年。それから彼はロウワー・イースト・サイドのオーチャードストリートで荷車に載せた既製品の眼鏡を販売。近隣で地元の眼鏡屋として認知され、レヴィントンストリートの94番地に店舗を構えたのが1915年の事。ハイマンの息子であるソルは幼い頃から父親の商売の手伝いを始めた。このことが彼に人々と光学業に対する情熱をもたらすきっかけとなる。彼は専門的知識、技術を急速に学ぶと家業を継ぎ、今に繋がるソル・モスコット・オプティシャンズを設立。


モスコット/MOSCOT


「MOSCOT ORIGINALS」
過去何十年の間に生まれたヴィンテージフレームのクラシックなスタイルに敬意を払い、新に作ることをコンセプトとするモスコットオリジナル。ニューヨークの古き良き時代から伝わる真のオリジナルを追求。「顧客や患者に対し、出切る限り暖かく、礼儀と専門知識をもって出迎え、可能な限りのベストな眼鏡体験を持ってもらう」というミッションを掲げている。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • <
  • 1
  • >

4商品中 1〜4商品